Kohei Yatabe, Ph.D.

矢田部 浩平 博士(工学)

早稲田大学 表現工学科 助教

 

Assistant Professor

Department of Intermedia Art and Science, Waseda University, Tokyo, Japan.

 

k.yatabe [at] asagi.waseda.jp

 


Education

 

  • 2005 都立西高等学校 中退
  • 2007 Palos Verdes Peninsula High School 卒業
  • 2012 早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 卒業
  • 2014 早稲田大学 基幹理工学研究科 表現工学専攻 修了
  • 2017 早稲田大学 基幹理工学研究科 表現工学専攻 博士後期課程 修了

 


Journal

 

 

Book Chapter

 

  • 矢田部浩平, ``フーリエ変換をやさしく教えて下さい,'' in 音響学入門ペディア, 音響学会(編), コロナ社, 2017.
  • 矢田部浩平, ``物理モデルを用いた音場復元,'' in 音響キーワードブック, 音響学会(編), コロナ社, 2016.

 

Tutorial Paper

 

  • 石川憲治, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``光を用いた音場可視化装置,'' 日本音響学会誌, vol.72, no.7, pp.430--431, July 2016.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``スパース表現に基づく音場の復元と光学的音響測定データへの応用,'' 日本音響学会誌, vol.71, no.11, pp.639--646, Nov. 2015.
  • 及川靖広, 矢田部浩平, ``MEMSマイクロホンアレイによる音場の可視化,'' 日本音響学会誌, vol.70, no.7, pp.403--409, July 2014.

 

Invited Talk

 

 

International Conference (Peer Reviewed)

 

 

International Conference

 

  • R. Tanigawa, K. Ishikawa, K. Yatabe, Y. Oikawa, T. Onuma and H. Niwa, ``Simultaneous visualization of flow and sound using parallel phase-shifting interferometry,'' 11th Pac. Symp. Flow Vis. Image Process. (PSFVIP), Kumamoto, Dec. 2017.
  • K. Ishikawa, R. Tanigawa, K. Yatabe, Y. Oikawa, T. Onuma and H. Niwa, ``Experimental visualization of flow-induced sound using high-speed polarization interferometer,'' 14th Int. Conf. Flow Dyn. (ICFD), Sendai, Nov. 2017. (recieved Best Presentation Award)
  • T. Tachikawa, K. Yatabe, Y. Ikeda and Y. Oikawa, ``Sound source localization based on sparse estimation and convex clustering,''  5th Joint Meet. Acoust. Soc. Am. Acoust. Soc. Jpn., Hawaii, Nov.--Dec. 2016. (Proc. Mtgs. Acoust., vol.29, 055004)
  • A. Inoue, Y. Ikeda, K. Yatabe and Y. Oikawa, ``Three-dimensional sound-field visualization system using head mounted display and stereo camera,''  5th Joint Meet. Acoust. Soc. Am. Acoust. Soc. Jpn., Hawaii, Nov.--Dec. 2016. (Proc. Mtgs. Acoust., vol.29, 025001)
  • K. Ishikawa, K. Yatabe, Y. Ikeda, Y. Oikawa, T. Onuma, H. Niwa and M. Yoshii, ``Interferometric imaging of acoustical phenomena using high-speed polarization camera and 4-step parallel phase-shifting technique,'' 31st Int. Congr. High-Speed Imaging Photonics (ICHSIP), Osaka, Nov. 2016.
  • K. Yatabe and Y. Oikawa, ``Eigenanalysis of lp-norm ball-shaped room using the method of particular solutions,'' 12th West. Pac. Acoust. Conf. (WESPAC), pp.88--92, Singapore, Dec. 2015.
  • K. Ishikawa, K. Yatabe, Y. Ikeda and Y. Oikawa, ``Numerical analysis of acousto-optic effect caused by audible sound based on geometrical optics,'' 12th West. Pac. Acoust. Conf. (WESPAC), pp.165--169, Singapore, Dec. 2015.
  • N. Chitanont, K. Yatabe and Y. Oikawa, ``Audible sound field visualization by using Schlieren technique,'' 12th West. Pac. Acoust. Conf. (WESPAC), pp.5--9, Singapore, Dec. 2015.
  • Y. Yamanaka, K. Yatabe, A. Nakamura, Y. Ikeda and Y. Oikawa, ``Extracting sound information from high-speed video using 3-D shape measurement method,'' 12th West. Pac. Acoust. Conf. (WESPAC), pp.30--34, Singapore, Dec. 2015.
  • N. Suzuki, K. Yatabe and Y. Oikawa, ``Calculation of impulse response by using the method of fundamental solutions,'' 12th West. Pac. Acoust. Conf. (WESPAC), pp.388--392, Singapore, Dec. 2015.
  • A. Nakamura, Y. Yamanaka, K. Yatabe and Y. Oikawa, ``Modeling of free-reed instrument considering mechanical nonlinearity of the reed,'' 12th West. Pac. Acoust. Conf. (WESPAC), pp.206--209, Singapore, Dec. 2015.
  • Y. Tamura, K. Yatabe, Y. Ouchi, Y. Oikawa and Y. Yamasaki, ``Acoustic Yagi--Uda antenna using resonance tubes,'' INTER-NOISE NOISE-CON Congr. Conf. Proc., vol.249, no.6, pp.2193--2199, Melbourne, Nov. 2014.
  • K. Yatabe and Y. Oikawa, ``Wind noise reduction using empirical mode decomposition,'' Int. Congr. Acoust. (ICA), 8 pages, June 2013.

 

Domestic Conference

 

  • 石川憲治, 谷川理佐子, 矢田部浩平, 及川靖広, 大沼隼志, 丹羽隼人, ``偏光高速度干渉計を用いた音場イメージング計測法の原理と応用,'' 日本音響学会アコースティックイメージング研究会資料, AI-2017-24, Oct. 2017.
  • 井上敦登, 池田雄介, 矢田部浩平, 及川靖広, ``光学透過型ヘッドマウントディスプレイによる三次元音響インテンシティ可視化システム,'' 日本音響学会アコースティックイメージング研究会資料, AI-2017-28, Oct. 2017.
  • 升山義紀, 草野翼, 矢田部浩平, 及川靖広, 宮城雄介, 大石耕史, ``データ忠実性を制約とした最適化による楽器音のモード分解,'' 日本音響学会音楽音響研究会資料, Oct. 2017.
  • 立川智哉, 矢田部浩平, 及川靖広, ``点音源モデルを用いたスパース推定による音源分離,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 井上敦登, 矢田部浩平, 及川靖広, 池田雄介, ``透過型ARデバイスによる三次元音響インテンシティ可視化システム,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 草野翼, 矢田部浩平, 及川靖広, ``4次C2級スプライン関数を用いた制約付き最適化による包絡推定,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 古澤苑子, 矢田部浩平, 及川靖広, ``無限本の音線による幾何音響シミュレーション,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 竹内大起, 矢田部浩平, 及川靖広, ``FDTD法に対する指向性音源の導入,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 蛭間涼, 矢田部浩平, 及川靖広, ``凸最適化を用いた重み付き方位クラスタリング,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 小林憲治, 矢田部浩平, 及川靖広, 宮城雄介, 大石耕史, ``ARMAモデルを用いたピアノ弦間共鳴のモデル化,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 石川憲治, 谷川理佐子, 矢田部浩平, 及川靖広, 大沼隼志, 丹羽隼人, ``偏光高速度干渉計を用いた透明筐体内部音場の2次元イメージング計測,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • D. Hermawanto, K. Ishikawa, K. Yatabe and Y. Oikawa, ``Very near field sound pressure visualization of MEMS microphone by optical interferometer,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 谷川理佐子, 石川憲治, 矢田部浩平, 及川靖広, 大沼隼志, 丹羽隼人, ``流れと音の光学的可視化のための流体温度調節法,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 升山義紀, 草野翼, 矢田部浩平, 及川靖広, 宮城雄介, 大石耕史, ``制約付き最適化を用いた楽器音のモード分解,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 大木大夢, 小林憲治, 竹内大起, 矢田部浩平, 及川靖広, 宮城雄介, 大石耕史, ``相対伝達関数を用いたステレオ収録音の近似,'' 日本音響学会講演論文集, Sep. 2017.
  • 矢田部浩平, 石川憲治, 及川靖広, ``音の光干渉計測のための干渉縞解析,'' 日本音響学会講演論文集, pp.467--468, Mar. 2017.
  • 石川憲治, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, 大沼隼志, 丹羽隼人, ``光による音場イメージング計測法の楽器計測への応用,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1323--1324, Mar. 2017.(粟屋潔学術奨励賞受賞)
  • 小谷野雄史, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``無限次元SVDを用いたマイクロホンアレイの空間サンプリング特性の解析,'' 日本音響学会講演論文集, pp.463--466, Mar. 2017.(粟屋潔学術奨励賞受賞)
  • 立川智哉, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``点音源辞書と凸最適化を用いた三次元音源位置推定,'' 日本音響学会講演論文集, pp.603--604, Mar. 2017.
  • 草野翼, 矢田部浩平, 及川靖広, 小笹弘晃, 田中浩一郎, 佐藤文男, ``海底資源探査のためのスパース最適化を用いたパルス圧縮法,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1321--1322, Mar. 2017.
  • 谷川理佐子, 石川憲治, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, 大沼隼志, 丹羽隼人, ``偏光高速度干渉計を用いた流れと音の同時可視化,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1125--1126, Mar. 2017.
  • 井上敦登, 池田雄介, 矢田部浩平, 及川靖広, ``シースルー型ヘッドマウントディスプレイを用いた三次元音場情報呈示システム,'' 日本音響学会アコースティックイメージング研究会資料, AI-2016-27, Oct. 2016.
  • 矢田部浩平, 石川憲治, 及川靖広, ``Herglotz波動関数の球面調和関数展開による光学的測定データからの三次元音場復元,'' 日本音響学会講演論文集, pp.387--388, Sep. 2016.
  • 小谷野雄史, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``マイクロホンアレイによる空間サンプリング特性の可視化,'' 日本音響学会講演論文集, pp.383--384, Sep. 2016.(学生優秀発表賞受賞)
  • 中村歩己, 矢田部浩平, 石川憲治, 池田雄介, 及川靖広, ``フリーリード楽器における空気流出側の構造が発音に与える影響,'' 日本音響学会講演論文集, pp.691--692, Sep. 2016.(学生優秀発表賞受賞)
  • 井上敦登, 池田雄介, 矢田部浩平, 及川靖広, ``ヘッドマウントディスプレイを用いた三次元音場情報呈示システム,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1097--1098, Sep. 2016.(学生優秀発表賞受賞)
  • 石川憲治, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, 大沼隼志, 丹羽隼人, ``偏光高速度干渉計によるスピーカ放射音場の1mm分解能イメージング計測,'' 日本音響学会講演論文集, pp.343--344, Sep. 2016.
  • 立川智哉, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``コヒーレンス基準による点音源基底を用いた音源位置推定,'' 日本音響学会講演論文集, pp.385--386, Sep. 2016.
  • 草野翼, 矢田部浩平, 及川靖広, 小笹弘晃, 田中浩一郎, 佐藤文男, ``双曲型ラドン変換を用いたマリンセイスミックバイブレータの位置推定,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1085--1086, Sep. 2016.
  • 杉山真望, 石川憲治, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``回転非対称の素子からなる音響メタマテリアルの特性の可視化,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1107--1108, Sep. 2016.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``光学的音響計測に向けた二次元位相アンラップ​,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1353--1354, Mar. 2016.
  • 石川憲治, 矢田部浩平, チタノンナチャナン, 池田雄介, 及川靖広, 大沼隼志, 丹羽隼人, ``偏光高速度干渉計を用いた定量的かつサブミリメートルの空間分解能を持つ光学的音場計測法,'' 日本音響学会講演論文集, pp.593--594, Mar. 2016.(学生優秀発表賞受賞)
  • 小谷野雄史, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``音響情報の固有空間に基づくマイクロホン配置,'' 日本音響学会講演論文集, pp.591--592, Mar. 2016.
  • 立川智哉, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``凸最適化を用いた音源位置及び個数の推定,'' 日本音響学会講演論文集, pp.613--614, Mar. 2016.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``レーザを用いた積分データからの三次元音場復元,'' 日本音響学会講演論文集, pp.557--558, Sep. 2015.
  • 矢田部浩平, 千葉麻莉子, 及川靖広, ``Curveletフレームを用いたスパース音声雑音除去,'' 日本音響学会講演論文集, pp.589--590, Sep. 2015.
  • 立川智哉, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``点音源モデルを用いたスパース推定による音源位置推定,'' 日本音響学会講演論文集, pp.563--564, Sep. 2015.(学生優秀発表賞受賞)
  • チタノンナチャナン, 矢田部浩平, 及川靖広, ``シュリーレン法を用いた音場の可視化における時空間フィルタの評価,'' 日本音響学会講演論文集, pp.679--680, Sep. 2015.(学生優秀発表賞受賞)
  • 山中悠勢, 矢田部浩平, 中村歩己, 池田雄介, 及川靖広, ``物体の三次元形状復元による高速度映像からの音情報抽出,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1223--1224, Sep. 2015.(学生優秀発表賞受賞)
  • 石川憲治, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``空気中可聴音場による光波変調のモデル化に関する検討,'' 日本音響学会講演論文集, pp.559--560, Sep. 2015.
  • 田村有希, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``音源の放射特性を考慮した基本解近似法による室内音場解析,'' 日本音響学会講演論文集, pp.941--942, Sep. 2015.
  • 鈴木菜穂子, 矢田部浩平, 及川靖広, ``基本解近似法によるインパルス応答の計算,'' 日本音響学会講演論文集, pp.939--940, Sep. 2015.
  • 小谷野雄史, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``平板マイクロホンアレイを用いた物理モデルに基づく音場の記録,'' 日本音響学会講演論文集, pp.561--562, Sep. 2015.
  • 中村歩己, 山中悠勢, 矢田部浩平, 池田雄介, 及川靖広, ``リード復元力の非線形性を考慮したフリーリードのモデル化,'' 日本音響学会講演論文集, pp.759--760, Sep. 2015.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``音源のスパース性に基づく可視化音場の復元,'' 日本音響学会講演論文集, pp.625--628, Mar. 2015.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``間接Trefftz法を用いたlp単位球形状室の数値解析,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1037--1040, Mar. 2015.(粟屋潔学術奨励賞受賞)
  • チタノンナチャナン, 柳沼啓太, 矢田部浩平, 及川靖広, ``シュリーレン法を用いた音場の可視化,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1249--1252, Mar. 2015.
  • 榎本祐太, 矢田部浩平, 及川靖広, ``協和性理論に基づいた音響信号のリアルタイム評価,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1357--1358, Mar. 2015.
  • 柳沼啓太, N. Chitanont, 矢田部浩平, 及川靖広, ``時空間フィルタを用いたシュリーレン法による音場の可視化,'' 日本音響学会アコースティックイメージング研究会資料, AI2014-3-04, Oct. 2014.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``凸最適化を用いた可視化音場の復元,'' 日本音響学会講演論文集, pp.583--586, Sep. 2014.
  • 田村有希, 矢田部浩平, 大内康裕, 及川靖広, 山﨑芳男, ``音響八木・宇田アンテナの指向性制御,'' 日本音響学会講演論文集, pp.535--536, Sep. 2014.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``レーザによる可視化音場の復元における偏微分方程式制約の導入,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1387--1390, Mar. 2014.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``レーザによる測定音場の逆解析における定式化と精度の関係,'' 日本音響学会アコースティックイメージング研究会資料, AI2013-3-02, Oct. 2013.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``レーザを用いた音場測定への逆解析の導入,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1323--1326, Sep. 2013. (学生優秀発表賞受賞)
  • 田村有希, 矢田部浩平, 及川靖広, 山崎芳男, ``共鳴管を用いた音響八木・宇田アンテナ,'' 日本音響学会講演論文集, pp.575--576, Sep. 2013. (学生優秀発表賞受賞)
  • 阿部耕平, 矢田部浩平, 及川靖広, ``スマートフォンを用いたサイン音の検知,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1397--1398, Sep. 2013.
  • 芹澤賢明, 矢田部浩平, 及川靖広, 山﨑芳男, 本地由和, 橋本誠一, 藤森潤一, ``楽音を用いた音場評価手法に関する検討,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1079--1080, Sep. 2013.
  • 小坂勇人, 矢田部浩平, 及川靖広, 山﨑芳男, ``分子シミュレーションを用いた熱の移動を考慮した音場解析,'' 日本音響学会講演論文集, pp.1421--1422, Sep. 2013.
  • 矢田部浩平, 及川靖広, ``経験的モード分解を用いたスネアドラム音の定常成分除去,'' 日本音響学会講演論文集, pp.891--892, Sep. 2012.

 

Others

 

  • 矢田部浩平, ``ちょっとしたエッセイ:Fourier変換とは何か,'' 日本音響学会誌, vol.72, no.4, p.221, Apr. 2016.
  • 矢田部浩平, ``光による音響測定データに対する信号処理,'' 慶應理工湯川研究室招待講演, Nov. 2015.
  • 矢田部浩平, ``音楽と数学と,'' 六本木ヒルズ主催Hills Breakfast招待講演, Dec. 2014.

 

Awards

 

  • 日本音響学会 第38回粟屋潔学術奨励賞
  • 日本音響学会 第8回学生優秀発表賞